TEXTILE EXCHANGEレポート(抄訳) 平成23年1月28日

2009~2010年オーガニックコットン 最新情報

2009~2010年の世界のオーガニックコットン生産量は、世界の綿花生産量のやっと1%を少し超えたところまで成長してきた。

一般綿の生産が低調なのに比べて、前年比15%も伸ばした結果となった。

相変わらず東南アジアは生産の中心地であり、特にインドの生産量は突出していて、なんと80%以上に及んだ。成長率はなんと38%を示している。
要因は、インド経済の好調をうけて、農業と製品生産の流れが効率を上げているからである。
競合しているその他の国には大いに脅威になっていることも事実である。
特に西アフリカ、南米諸国、トルコなどは、成長が停滞気味で、インドとの価格競争に対抗できなくなってきている。
世界のオーガニックコットンの生産地で懸念される問題は、ウガンダでの化学薬剤汚染がある。伝染病の対策に使われる消毒剤がコットンの畑を汚染している。

また中国と南米諸国では天候不順があり、トルコとシリアでは有害な菌により収穫量の減少があった。これらの結果として価格は上がり、競争力を弱めている。

世界の経済は、まだリーマンショック後の回復途上にあり、市場に対する投資意欲が弱く、オーガニックコットンの生産にも影響している。

以上のように、インドを除く、オーガニックコットン生産主要国は、軒並み生産量を減らしてはいるが、オーガニック農産物全体の生産量はむしろ増えていて、状況が変わればオーガニックコットンの生産に戻る可能性を残している。
(農家は常に利益の高い農作物を選んで生産している)

オーガニックコットン生産国・生産量トップ10

2009~2010年の実績

2009~2010年 2008~2009年
オーガニックコットン生産量 24万1.697トン 20万9,950トン
前年比 15% 20%
全コットンに対する
オーガニックコットン生産量の比率
1.1% 0.9%
オーガニックコットンの生産国数 23カ国 22カ国
オーガニックコットン生産者数 27万5300人 22万人
認証された有機農場の面積 46万1,000ha 25万3,000ha
世界のオーガニックコットン
生産量に対するインドの生産量の割合
81% 68%

*以上の実績は、2009年8月~2010年7月の期間としている。
*オーガニックコットンの農業従事者は27万5,300人で、平均家族5人として
約1,400万人の生活を支えていることになる。

オーガニックコットン市場の成長について (世界の小売り額の総額)
2005年     641億円
2006年    1,180億円
2005年    2,162億円
2005年    3,790億円
2005年    4,300億円

オーガニックコットン生産者のコメントを一つ紹介します。

アントニオ・ベニデス氏 アラテックス農場の農業者 カーグアズ市パラグアイ

オーガニックコットンを始めた年は、きつかったです。

なにしろ、有機栽培に慣れるため、畑の状態をいつも見ていなければならないし、コットンの生育にも目が離せない。

害虫駆除にも農薬を使わないので、それに代わる天然の材料をあれこれ工夫しなければならなかった。
なんとか3年が経って、疑問がすっかり晴れました。
畑に生き物が帰ってきたんです。
土は柔らかく生き返ったんです。
鳥のさえずりを聞けるようにもなったんです。
家族も私も自然の素晴らしさを楽しんでいます。