汚染写真

H&Mが協力している情報サイトthe guardianの中のSustainable fashionの記事より

 

ファーストファッションの業界では、大手になるほど社会的な責任を果たさざるを得ない時代になってきています。何億円ものPR費が一つの不祥事で消える

という時代です。水というテーマで環境保全を考える記事がありましたので、翻訳しました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

普段気付いていないと思いますが、人類が日常使える水の量は、地球上の水のわずか3%にも満たない量しかありません。何をするにも水資源は、極めて大事な要素です。

*この記事では使える水は3%としていますが、

一般的には海水が97.5%、南極北極の氷が1.75%、人間が使える河川、湖沼の表面水0.02%で地下水を入れても0.8%しかありません。

ファッション産業が共通して抱える問題の一つとして水があり、その水のサスティナブルについて関心が高まっています。

実際に気候変動の問題や水資源の争奪の問題が起きてきています。

*サスティナブルは一般的な翻訳では「持続可能性」ですが、言い換えれば 「いのち存続可能性」ということで、この地球上の生き物がこの先100年、1000年現在と同じように生き永らえるように自然環境を整えるという考え方です。

1 水の問題はサスティナブルの中心的なテーマである

産業界、関連機関のリーダー達は、国連で2030年までの目標を決めました。それはSDGs(Sustainable Development Goals)持続可能性な開発の目標です。    (2015年9月25日採択)

17の目標の中に「安全な水」のテーマが掲げられています。

以下17項目・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「安全な水とトイレを世界中に」、「貧困をなくそう」、「飢餓をゼロに」

「すべての人に健康と福祉を」、「質の高い教育をみんなに」、「ジェンダー平等を実現しよう」「エネルギーをみんなにそしてクリーンに」、「働きがいも経済成長も」 「産業と技術革新の基盤を作ろう」、「人や国の不平等をなくそう」「住み続けられる街づくりを」、「つくる責任・使う責任」、「気候変動に具体的な対策を」 「海の豊かさを守ろう」、「陸の豊かさを守ろう」、「平和と公正すべての人に」「パートナーシップで目標を達成しよう」

2 Peak water(ピークウォーター・水の使用限界点)が近づいている

ファッション業界では、綿花栽培の灌漑水に始まり、生地などの染めや仕上げで大量の水を使っている。2007年から2025年までに途上国では50%、先進国では18%の水需要の増加がある。
この有限の資源に対して前向きに改善を考え始めている。バングラディッシュのCleaner Textile社はバイヤーの人々の協力を得て、繊維の染色、  仕上げのプロセスの改善に取り組んでいる。

中国のBetter Mill Initiative社は、水とエネルギーと化学汚染の問題に取り組んでいる。
ファッションブランドのSOLIDARIDAD, H&M, C&A, PRIMARK, NEW LOOKなどが、支持している。

スゥエーデンでは、SIWI(Stockholm International Water Institute)と30のファッションブランドが協力して、水を使うプロセスでの水質汚染の実態を研究して新たなガイドラインを作りサスティナブルなプロセスを目指している。

水質に関する専門の機関のCDPのCate Lamb氏は、産業界の経営者の意識は押しなべてまだ低いと言っている。

3 大手ファッションでウォーターフットプリントを採用し始めている

*水のフットプリント(water footprint)とは、生産活動で使われる水の総量の数値。例えば一杯のコーヒーの数値は、140リットルという。 コーヒー豆の栽培から製品生産プロセスで水が使われ、そのフットプリント(足跡)をたどって合算した数値。

CDP’s Global Water Report 2013によると、500の国際的な企業の60%が、水による損害を経験していた。

例えば2011年はタイでは洪水があって、INTEL社は1,100億円の損害が出た。

また一方、GAPはテキサスの干ばつで綿花が不作で予定していた収益の22%下降した。

水に関してはエネルギーコスト、廃水、化学薬剤処理コストが大きい。

 

Solidaridad’s Senior Programmeの責任者のMarieke Weerdesteijn氏は   「布地の染色など大量に使った水は当然廃水の処理施設が整っていなければならない。そのコストを払った代償として必ず利益になる」と言った。

 

WWFのLaila Petrie氏は、「ビジネスにおいて工場排水の水質を高く維持することは損得の問題ではない。ブランドの価値を維持するという意味で免許のような意味がある」と言った。

 

4 水問題は、競争ではなく協力が必要

BEPI(Business Environmental Performance Initiative)の役員のStuart Harker氏は

「水の問題はファッションブランドの共通のリスクの問題だ。これに取り組む企業はそのこと自体で企業のイメージアップになり、メリットだ」と言った。

水を使う工場ラインは、各地集中しているので、各社が協力して川の汚染が起きないように管理することができる。

 

5 大方の意見では生産ラインはG20の各国に移動するより現状に留まるべき

 

大規模な繊維の工場は水の豊富なリサイクル設備のある再生エネルギーの整った地方に移動すべきだという議論がある。

H&M社の水管理の責任者のFelix Ockborn氏は、この問題はもっと大きく全体的な視点で見なくてはならないと言っている。

繊維産業はこれまでに多くの発展途上国の経済発展として貢献してきた。

いくつかの小規模なブランドはG20(主に欧米各国)の国々に戻ってきている。大手のブランドも同じように自国に戻れば、発展途上の労働者にとっては困ることで

そのブランドがしてきた社会的な意義もなくなる。

 

6 豊富な水を必要なコットン生産の解決法

WWFによると一枚のTシャツを作るのに必要な水の量は、2,700リットルにもなるという。

BCI(Better Cotton Initiative)は、農民への教育によって水も農薬も減らして行けると明言している。

NOVOZYMES社の国際マーケティングの責任者Peter Faaborg氏は、酵素の活用で従来のコットン製品のプロセスのままで25%の水の節約ができると言った。

MADE-BY(Environmental Benchmark for fibers)という繊維製品の環境適応性のインデックスがあり、これでコットンは低いランクの「E」に評価されている。 このインデックスを提供している機関のコンサルタントのArial Kraten氏は、コットンをCRAiLARにすれば麻と同等のクラスBに昇格できると勧める。 それは最初の収穫の麻に行う特別な方法であるが、これをコットンでも行うこととしている。CRAiLARでは、紡績の際に特別な酵素のプロセスを使う。

7 水の再生は技術的に可能だが、なかなか大規模化が難しい

水の再生で、残留する化学物質の問題は残る。 Levi’sは最近ある中国の販売会社10万着のジーンズを納品する際に100%再生の水だけで処理できた。

水の環境規準に沿うためには短時間でいくつもの判断をしなくてはならない。 Weerdesteijin氏は対応できるのは、バングラディシュよりも中国の方である。なぜなら政府が水の再生に対してのポリシーがあるからである。

8 染色の水の汚染管理は、日常的な当たり前なことから始まる。

簡単で低コストで水を節約するには、ホースにノズルつけることから始まる。これだけで沢山の水もエネルギーも節約できる。

現状のプロセスがとりあえず、サスティナブルに配慮があったとしたら、次に考える

対策は、新たに酵素を使ってみるとか、固着剤の性能を見直すとか、低塩基性の染材に切る替えるなどの方法である。

9 ファッションブランドが率先してサスティナブルの水対策をすると工場の意識が高くなる。

工場に対してサスティナブルな水の使い方を要求すればそれに呼応して、パイプラインの水の漏れを直したり、不具合部分を修理するなど工場そのもののパフォーマンスを向上させる。さらにそれまで無駄に廃熱していたのが、熱水のラインの湯を家庭用に活用したりと地域全体のサスティナブル対策に貢献できる。

10 改革の力は、消費者が持っている。

ファッションにおける水資源の節約というテーマを見ると意外に大きい要素は家庭にある。

水の適切な使い方についての指針を提唱しているClever CareとHiggs Index (Sustainable Apparel Coalition)は、消費者の気付きと実用的な方法が示されることでウォーターフットプリントの値は最小して行く。

洗う代わりに干してみる、より洗浄力が良い洗剤に替えるなど効率のいい洗濯法を広め、また、不要な衣服をリサイクルして生活をシンプルにすることもよい。

WWFのPetrie氏は、お気に入りのブランドに問い質すべき三つの質問を提示してくれた。

質問1 そのブランドのサプライチェーンの水の汚染管理についての目標はあるか?

質問2 そのブランドは、サスティナブルな繊維原料を使っているか、またはこれから移行しようとしているか?(例:一般のコットンからオーガニックのコットンへ)

質問3 河川など自然環境の保全の為に、そのブランドが行っている施策は何か?

 

平成28年6月6日                日本オーガニックコットン流通機構

宮嵜道男