野菜昨年6月にイギリスの栄養専門誌「British Journal of Nutrition」に有機農産物と
一般の農産物の比較の結果が掲載されました。
343の研究結果からいくつかの結論が出ました。
重要な点を列挙してみましょう。

●オーガニックは、慣行農業の農産物と比べて抗酸化物質が20~60%多い。

フェノール酸19%、フラバノン69%、
スチルベン28%、 フラボン26%、
フラボノール50%、アントシアニン51%

抗酸化物質には、アンチエイジング・老化防止効果が
あります。

過剰な運動やストレス、過食、喫煙等々結果的に酸素を体内に多く取り込むと身体は
酸化します。酸化は別名「錆び」とも呼ばれています。
野菜、果物には、本来この抗酸化物質が豊富です。
野菜や果物を食べる効用は、「抗酸化物質で錆を取る」ということだったのです。
バナナ、リンゴ、ブドウ、イチゴ等の果物、ニンジン、かぼちゃ、ブロッコリーなど
緑黄色野菜、ニンニク、生姜も大豆もすぐれた抗酸化物質が含まれています。

慣行農業の農産物は、たっぷりの化学肥料や殺虫剤で甘やかされているので植物として
特に抗酸化物質を生成する必要がありません。オーガニック農産物は、より厳しい自然に近い
条件で栽培されるので自らを守るための防御成分である「抗酸化物質」を多く生成させている
訳です。

●オーガニックは、残留農薬の量は、ごく少ないことも再確認されました。

慣行農業の農産物はオーガニックの4倍も多いという結果がありました。
特に除草剤の毒性は高く、人体のホルモンに影響して男性の不妊症やパーキンソン病、
代謝機能不全の病気(肥満、糖尿病、高コレステロール)に影響しています。
また最も恐ろしいのは、子どもの脳の発達を阻害している可能性が高いということがあります。
更に、腎不全、骨軟化症、肝臓病を起こす有害な重金属カドミウムの含有量は、
オーガニック農産物に比べて、慣行農産物は倍以上と報告されました。
以上の他に、私たちの子々孫々に遺伝子レベルでどのように影響してゆくか心配されているGMO遺伝子組み換え農産物の問題が重くのしかかっています。オーガニックでは、GMOを厳しく禁止しています。
こう考えてみると、多少不便でも多少高くてもオーガニックを選ぶことの大事さが見えてきます。

平成27年8月6日
日本オーガニックコットン流通機構
宮嵜道男