何故、ヒトは生涯の3分の一も眠らなければならないのか?
人類の疑問はずっと解けませんでした。
眠りはカラダ・脳の休息、傷病の修復、記憶の再構成などなど色々な説が唱えられてきました。こま切れで1時間も眠れば十分とか、深く眠れば3時間がベストなどという説も出て、長さよりも眠りの質に重点が移り、深く効率よく短時間眠ることが現代的な生活スタイルとして定着しました。ところが深く眠れない人は、そのこと自体に強迫観念を持ち、眠らなければならないと悶々としてますます眠れないと悩んでいます。

本当の答えは、実は質より量(長さ)が大事でした。

昔から戦地などの医療施設で十分な治療が受けられなくても、傷病兵はひたすら寝ているだけで回復する例がよくありました。経験的に安静が重要な治療手段となりました。寝ているだけで何故直るのか、の答えに眠りの謎の答えがあったのです。

動物は命を維持するのに、呼吸し、食べ、眠ることは欠かせません。ラットの実験で食べないのと眠らないの、どちらが早く死んでしまうかの比較結果は、眠らない方が先でした。眠ることは食べることより生死に係わるほど大事でした。

地球の重力Gはあまねく物体に作用しています。重力は、地球との接地面積が広くなるほど重力Gの負担は軽くなります。ヒトが立っている状態は寝ているのと比べると何倍も重力が架かっています。5kgもの頭部を160cmのカラダが支えると言うのはそれだけで重労働です。

脊椎動物の血液は骨の骨髄で作られますが、立って活動しているときは、造血機能を止めて、ひたすらこの重労働に耐えます。そして横になって脱力すると、造血機能のスイッチが入り働き出します。新鮮な血液新陳代謝、細胞の活性、免疫力の源で、健康、美容、長生きに影響します。カラダを横にして一定時間脱力することが眠りの目的だったのです。不眠症の人は深く眠った自覚がなく悩んでいますが、とにかく横になって脱力していれば元気になれるということがはっきりしましたので、気を楽にしていればいいのです。結果的に眠ってしまうことになるでしょう。

因みに睡眠時間が少ない人に多い病気は、循環器系の血液に関係しています。白血球減少症、血小板減少症、再生不良性貧血、白血病などなどで、新鮮な血液が不足する病気です。

昔から使われている日本の古い言葉の含蓄の深さにはたびたび驚かされますが、
骨休め」は正にこのことを表しているのです。

日本オーガニックコットン流通機構
理事長 宮嵜 道男