1967年にNHKが放送を開始し、45年という長寿の番組があります。「趣味の園芸」日曜日の朝8時30分から25分間の番組で視聴率2%、月刊誌は35万部を売るという人気振りです。

その番組収録には、人気俳優の三上真史が担当しているとあって女性ファンが多く、大きな入場数が期待されました。

場所は京王線「京王多摩川」駅の横に拡がる植物園で京王フローラルガーデンアンジェです。
1958年まで東京菖蒲園、1961年までは京王百花苑、一時廃園になり、2002年から現在のアンジェとして再開している、これも歴史のある植物園です。

園内には、収録のための場所、紅花染めなどのイベント会場、コンサートの舞台が配置され芝生の会場には、テントの店が並び、軽食やお買い物を楽しめます。
NOCはその一角でオーガニックコットンの製品やカタログを展示して来場者にアピールしました。
綿の木を見たのも触ったのも初めてという方がいるかと思えば、オーガニックコットンの大ファンだという方まで色々でした。
園芸を趣味にされている方々は、大体落ち着いていて、熱心に説明を聞かれ、勉強になりましたと丁寧に挨拶されました。

オーガニックコットンの糸で作った幸運を呼ぶミサンガを差し上げると嬉しそうに腕に巻いて行かれました。

日本オーガニックコットン流通機構
理事長 宮嵜 道男