12316317_439187662942770_4227189758091945094_n

今年もエコプロダクツ展に出展しました。
12月10日から12日まで3日間東京ビッグサイトにて開催されました。
来場者数がエコプロ事務局より発表されました。

12月10日(木) 天気:曇り
来場者数:59,907人
(昨年 1日目来場者数 54,364人)
12月11日(金) 天気:雨のち晴れ
来場者数:60,588人
(昨年 2日目来場者数 60,178人)

12月12日(土)天気:晴れ
来場者数:48,623人
(昨年 3日目来場者数 47,105人)

総来場者数:169,118人
(昨年総来場者数 161,647人)
例年NPO,NGOの展示場所は、専門のコーナーとして固まるようにレイアウトされますが、今回は小間の位置が、東4号の真ん中の大手企業の展示の狭間にありました。
幸運なことに、人通りも多くよく目立ちましたので、立ち寄られた方々も多く、カタログの配布量も予想以上でした。
来場者との対話の中でオーガニックコットンの認知度の高さに驚きました。製品に触って、「やっぱり 気持ちいいですね」と一様に言われました。
一方、意外だったのは、カラーコットンで、ほとんどの方が茶色や緑色の綿の存在に驚いていました。20年以上もあれこれ活動してきて、少し無力感を感じました。                                       ですが、逆に見れば、カラーコットンはこれからも新しい素材として打って出ることが出来るということです。
染色せずとも柄表現が出来るカラーコットンの意義をみんなで広げてゆきましょう。

平成27年12月16日            日本オーガニックコットン流通機構                                         宮嵜道男