当展示会は、12月15日(木)から17日(土)まで3か間、東京ビッグサイト東館で行われました。

来場者数は18万1487人(昨年18万3,140人)でした。この展示会は、「日本最大級の環境展示会」と銘打つだけに、発電、電気、輸送、金融、流通とあらゆる分野の企業が環境保全というテーマに絞って製品紹介や企業紹介を行っています。ハイテクからローテクまで一堂にした特異な巨大展示会です。

教育的意味も高く小学生、中学生、高校生は観光バスに乗ってやってきます。
各企業はこれを、未来の大切な消費者とみて、テーマをゲームやクイズに仕立てて、アピールに励んでいました。
NOCは、昨年同様、地球環境財団(http://www.earthian.orgの一角で展示を行いました。
地球環境財団は、エシカル(良心を持った活動)を推し進める組織で、衣食住の生活の「衣」の分野をオーガニックコットンを中心に考えてゆこうとしてくれています。
沢山の来場者の皆さんに、オーガニックの考え方、製品の紹介、bioReプロジェクトなど産地の状況をお知らせしました。

日本オーガニックコットン流通機構
理事長 宮嵜 道男