第12回エコプロダクツ・環境総合展2010に出展しました。

エコプロ2010
は、12月9日より3日間、東京ビッグサイトで開催され、出展社745(団体)1762小間を使って行われました。
初日9日は61,915人、10日は69,680人、最終日は土曜日で51,545人、合計で18万3140人で昨年の18万2510人より微増しました。
今回は、小学生、中学生が大挙して訪れました。2万人を超えたようです。

エコプロは、もはや正規の授業に匹敵する重要な教育の場となっているようです。
NOC展示物の中で、オーガニックコットンのウエディングドレスねむねむゴロタは、特に小・中学生の皆さんに大変人気でした。

この度、NOCは、地球環境財団の「エシカルJAPAN」の企画ブースの中に、エシカルコットンとして出展しました。
「エシカルJAPAN」は、環境エコロジー、フェアトレード、地域の伝統技術の活用など総称した言葉です。衣食住の基本的な生活をするうえで、使われる材料や製品についてその背景にまで目を向け、常に「良心」を持って選択して行くことで、社会を正しい方向にリードしてゆく事を目的としています。

来場者にはオーガニックコットンの説明だけでなく、エシカルの言葉の意味をお伝えしました。ほとんどの人が賛同してくれました。

日本オーガニックコットン流通機構
理事長 宮嵜 道男