日本オーガニックコットン流通機構は、オーガニックコットンの普及を目指す特定非営利活動法人です。化学物質過敏症の方々や、アトピー症の方々への情報提供や支援活動をしています。
投稿

2012

bioReインドで行われている コットンの種の研究

  現在、綿花の世界では、アメリカのモンサント社が展開するGMO (遺伝子組み換え)の種の世界支配の戦略下にあります。 巨大な資本力を前にして、小粒でも果敢に取り組むオーガニックプロジェクトを応援しましょう。 …

bioRe project 2009/2010 Annual Reportより

タンザニア サイモン・ベンジャミンさんの場合 タンザニアMeatu地区は、海抜1000mから1500mの高地にあり、面積は8,871平方kmである。 この地域でビオレタンザニアのプロジェクトが行われている。 15の村で2 …

オーガニックコットンの種について

ワタとタネ ふわふわの綿花を摘むと白い綿毛の中に、黒い種が20~30個入っています。 この種は、綿繰り工程(ジニング)で繊維と分離されます。 重さを測ると25%が繊維で、75%が種です。 繊維(リント)はそのままワタとし …

bioReタンザニアの2012 年、今年のオーガニックコットンの収穫量が 記録的に凄い

種つき綿花が一万トン越えの勢いです。 (綿花の種を分離して繊維にすると3千トン位になります) これは雨のお蔭です。 通常、雨季は11月から2月まででその後は降らずに乾燥します。 (南半球は、11月に種まき、6月に収穫) …

PAGETOP
© NPO・特定非営利活動法人 日本オーガニックコットン流通機構