日本オーガニックコットン流通機構は、オーガニックコットンの普及を目指す特定非営利活動法人です。化学物質過敏症の方々や、アトピー症の方々への情報提供や支援活動をしています。
投稿

2013

最近の欧州オーガニック認証機関の事情

10月3日にお馴染みのオーガニック認証機関エコサートのニュースリリースが配信されました。タイトルは、「エコサートとIMOが協力関係を強化する」とあります。 記事の内容は、フランスのエコサートとスイスのIMOが、それぞれの …

いよいよ種子の法律に手を付けるEU

欧州連合EUのロビー活動監視組織(Corporate Europe Observator 公益法人)から農産物の種子の法律について6月5日に報告がありました。これは、EU始まって以来のことで注目されています。 種子は、全 …

オーガニックコットン市場レポート2012 Textile Exchange

昨年2012年のオーガニックコットン製品の市場レポートが発表されました。 オーガニックコットン製品の小売額は、89億ドル(8,900億円、対ドル100円)でした。同様に環境配慮型、社会倫理型の他の繊維関係の製品も売り上げ …

農産と繊維のレポート2011-2012 Textile Exchange

Textile Exchange Farm & Fiber Report 2011-2012 2011年のTEオーガニックコットンの市場レポートに引き続き、2011年-2012年オーガニックコットン農業と繊維生産 …

需要拡大・生産量後退

毎年テキスタイル・エクスチェンジ(アメリカ)が、オーガニックコットンの市場動向調査と繊維生産の動向調査を行っています。今年も発表されました。 オーガニックコットンの需要は伸びているのに、肝心の繊維生産量は減少したという結 …

PAGETOP
© NPO・特定非営利活動法人 日本オーガニックコットン流通機構