日本オーガニックコットン流通機構は、オーガニックコットンの普及を目指す特定非営利活動法人です。化学物質過敏症の方々や、アトピー症の方々への情報提供や支援活動をしています。
投稿

2013

また世界を感動させた

7月22日の朝の通勤ラッシュの9時15分、 JR南浦和駅で若い女性がホームと電車の隙間に落ちて腰のあたりが挟まって、身動きできなくなりました。 駅員がすぐに駆けつけ引っ張り上げようとしますが、強く挟まっていて抜けません。 …

認識不足を恥じ入る

  一昨年、2011年3月11日に起きた東日本大地震で福島原子力発電所が致命的な事故を起こし、暴走して今日に至るも、解決できないでいます。この重大事故が起きた時、ニュースが連日事故の模様を伝える中で私は、「日本には、いつ …

やけにホームランが多いのと違うか?

例年と比べて今年のホームランの数が異様に多いことが問題になりました。日本のプロ野球機構は、内緒で「よく飛ぶボール」の仕様に変えていた、いわゆる「統一球問題」が起きて、責任のあるコミッショナー(会長)が知らぬが半兵衛を決め …

オーガニック・ビジネスのキーポイント

BPQCからビューティ―アポセカリーへの展開 オーガニック・ビジネスを進める上で、押さえどころがどこか、見極めるのは容易ではありません。 3月13日、健康博覧会のセミナーで㈱三越伊勢丹の営業部長小宮仁奈子さんの講演が大変 …

中川政七商店に学ぶ

この会社は、奈良の高級麻製品の会社で1716年創業の伝統工芸品を扱っています。ご多分に漏れず、時代の趨勢の中、細々と茶道具の一つとして生き長らえてきましたが、13代目の中川淳氏(39歳)が社長に就いてから、業績をぐんぐん …

日本には、外国と共用する川は一本もない。

  子どもの頃、社会科で「世界の古代文明は、どこも川の流域で発展した」と習いました。日本には国が管理する一級河川は13、989本もあって、川なんて珍しくも可笑し くもない至極当たり前な存在です。 ところが、ヨー …

第31回2013健康博覧会 見聞録

3月13日、健康博覧会に行きました。天気が良く温暖でしたが、風が強く花粉が 飛んで目が痒く、くしゃみを連発しました。 オーガニックコットンは、メンバーの天衣無縫、㈱新藤さんが出展されていました。 会場は賑わっていて、ひっ …

「黄砂が中国から飛んでくる」どころではない。

  地球は地軸を中心に西から東へ一日に一回転しています。 時速は約1,666kmの猛スピードで音速の時速1,225kmよりも早く回っています。 空気の流れもこの回転に合わせて西から東に流れます。お天気も当然、西 …

グリーンピースが「アパレルの水」を告発

デトックス 「水」 ウォーター・キャンペーン 昨年11月にNOCのホームページに「世界的なアパレル企業H&MがPFCの使用を止めるというPFCってなんだ!」という記事を掲載しました。                …

新年にあたり読者の皆さんへご挨拶。

天上天下唯我独尊 お釈迦様が生まれて、すぐ立ち上がり、お口から出た言葉とされています。 「この世で一番我が尊い」と解釈する向きがあるようですが、そんな不遜なことをお釈迦様が云う訳がないと思います。 この世に産まれ出た「我 …

« 1 2
PAGETOP
© NPO・特定非営利活動法人 日本オーガニックコットン流通機構